中小企業診断士の鬼。 1次試験免除対象者について 忍者ブログ
「企業経営理論」「中小企業経営・中小企業政策」「運営管理」「経営情報システム」「財務・会計」「経済学・経済政策」「経営法務」用語解説、計算問題解説、日々の思った事等。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



中小企業診断士試験1次試験は一定の要件を満たし申請により試験科目の一部が免除されます。

・科目合格による免除

中小企業診断士1次試験は7科目の試験ですが、一部の科目だけに合格した場合は、翌年度及び翌々年度の第1次試験を受験する際、受験者からの申請により当該科目が免除されます。有効期限は3年となり、3年間で7科目すべての科目に合格すると第1次試験合格となり、第2次試験の受験が可能となります。

・他資格等保有による免除

中小企業診断士試験1次試験は下記の他資格保有し、申請することで第1次試験科目の一部が免除されます。免除科目と科目免除対象者は下記の通りです。

経済学・経済政策
大学等の経済学の教授・助教授(通算3年以上)
経済学博士
公認会計士試験第2次試験において経済学を受験して合格した者
不動産鑑定士、不動産鑑定士補(不動産鑑定士試験第2次試験合格者を含む)

財務・会計
公認会計士、会計士補(会計士補となる有資格者を含む)
税理士(税理士法第3条第1項第1号(税理士試験合格者)、第2号(税理士試験免除者)、第3号(弁護士または弁護士となる資格を有する者)に規定する者を含む)

経営法務
弁護士(司法試験第2次試験合格者を含む)

経営情報システム
技術士(情報工学部門登録者に限る)、情報工学部門に係る技術士となる資格を有する者
次の区分の情報処理技術者試験合格者(システムアナリスト、アプリケーションエンジニア、システム監査、プロジェクトマネージャ、ソフトウェア開発、第1種、情報処理システム監査、特種)

申請の際に必要な、他資格保有を証明する書類などの詳細については、社団法人中小企業診断協会のWebサイトをご覧ください。


PR
ブログ内検索
プロフィール
はじめまして。当ブログへお越し頂きありがとうございます。簡単に自己紹介を… 大学卒業後、士業向け営業支援会社を経て、現在ネット広告関連企業で媒体開拓を担当。 現在28歳です。 妻あり、子供なし。 働き始めてから丸5年。すごーく忙しい毎日を過ごす。仕事が落ち着いてきて無趣味な自分に気付く…暇な週末が続く…。 暇はもったいないと思い、中小企業診断士資格合格を目指して勉強中。そして勉強するだけじゃつまらないとこのブログを立ち上げる。 一番詳しく、わかりやすい中小企業診断士についてのブログを目指してがんばります。士業向けのビジネス経験とネット広告ビジネス経験を活かした、中小企業診断士を目指す方にとって参考になる記事を更新していきたいです。 ぜひまた遊びにきてください。
バーコード
フリーエリア
アクセス
忍者ブログ [PR]